リフォーム

ベランダ防水工事

  • 施工日20140607
  • 施工期間2014/6/7~2014/6/13
  • 費用30万円(20㎡)
  • 商品名ウレタン塗膜防水

住まいを長持ちさせる上で、意外と気づかないようで、気を付けなければならない事は「防水」です。躯体に雨水や結露水が沁み込み続けると、構造体が腐ったり劣化して、建物強度が落ちたりシロアリ被害にも繋がりかねません。今回は、ベランダ防水の施工事例をご紹介させて頂きます。

防水処理は、目に見えない部分がとても重要ですので、今回、少し詳しく施工の様子をアップさせて頂きます。

BEFORE
工事前の状態です。人工芝の下に水が沁み込んだ状態で、裏の鉄板も錆びていました。
AFTER
下地調整した上で、3層塗りで仕上げています。

プロセス

[caption id="attachment_292" align="alignnone" width="300"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA 最初に、人工芝と防水シートを剥がします。[/caption]   OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こびり付いていた接着剤をサンダーで剥がします。外側からも雨水が沁みこんでましたので、そこにもサンダーをかけて防水の下地処理をします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全体的にプライマー処理をして、防水層の密着性を高めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ポリマー系のセメント材で下地調整します。この時、外側に勾配を取り自然に排水されるようにし、表面の波打ちも補正します。これは防水層ではありませんが、実際にはこれも防水効果があります。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 細かい部分ですが、サッシ下の外壁部分からも水が沁み込まない様、防水処理をします。この部分は、雨漏りの原因になりがちな箇所です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 目地の部分もシーリング処理しています。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA ひび割れ防止のため、メッシュシートを敷き詰めます。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 隅の部分まで丁寧に、ウレタン塗膜防水を施工します。台風の場合を考えると、こういうサッシ下の部分がポイントになります。 防水層が乾いたら、翌日から1日1層ずつ、3日に分けて3層の塗膜施工をしていきます。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA これが1層目です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA これが2層目です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA 外側の木口部分も、シッカリと防水処理しています。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA そして、この3層目で完了です。ここまでやってると、水漏れの心配はまずないと考えています。