リフォーム

<金池>1階の外皮断熱

  • 施工日20160110
  • 施工期間2016/1/7~2016/1/10
  • 商品名ウールブレス(羊毛)

今回の金池オフィス改修工事では、断熱施工の違いによる効果を体感して頂こうという目的で、1階と2階とで外皮断熱のやり方を変えています。2階は、NDパネルによる断熱なのですが、ここでは、1階のウールブレスによる断熱施工をご紹介します。

BEFORE
工事前の状態。ここの床は、土間にしました。
AFTER
工事後の状態。壁は、湯布珪藻土の塗り壁にしています。

プロセス

DSCN1350 上の写真を見れば、1階外皮のウール断熱の施工経緯が分かります。 木下地の間に羊毛のウールブレス断熱材を敷き詰め、その上にコンパネを張ってから耐火ボードを下地仕上げにしています。最終的には、耐火ボードの上に湯布珪藻土を塗って、完成です。 羊毛のウールブレス断熱材を採用した理由は、壁内結露にも強く、長く使っていても劣化する可能性が低いという事です。