リフォーム

<金池>2階の外皮断熱

  • 施工日20151224
  • 施工期間2015/12/24~2015/12/26
  • 商品名NDパネル

今回の工事では「断熱の仕方によって、どれだけ室内の快適性に違いが出るか」を検証し、体感頂くために、1階と2階とで断熱の仕方を変えています。

2階の外皮と天井については、9ミリの耐火ボードにウレタン断熱材が付いているタイプの断熱材を採用しました。理由は「壁と断熱材との間に空気の流れが出来る事によって、断熱性能がかなり落ちているのではないか」という仮説によるものです。これは、空気が流れない毛皮のコート等を着た時に暖かくなる事から発想した考えです。ウールやグラスウールの場合、耐火ボードとの間に、どうしても空気が流れてしまいます。それを防ぐには、最初から耐火ボードに断熱材が張り付けてあるものにしなくてはなりません。という事で今回、2階に採用した断熱材が、アキレス社の『NDパネル』という断熱材です。

BEFORE
工事前はビニールクロスの壁です。
AFTER
NDパネルを上張りし、仕上げは湯布珪藻土塗りです。

プロセス

DSCN1265 このように、ビニールクロスにNDパネルを上張りしています。