リフォーム

傾斜地の鉄骨補強

  • 施工日20140613
  • 施工期間2014/06/13~2014/7/4
  • 商品名H鋼

「傾斜地にある別荘の鉄骨が弱っているため、補強工事をしてほしい」というご依頼を受けましたので、対応事例をご紹介させて頂きます。

具体的には、以下のような対応をしています。

①既設の鉄骨も活かし、そこに抱き柱とする形で補強を行う。

②必要と思われる箇所は、新規に鉄骨を追加する。

③固い地盤の箇所に基礎と鉄骨を埋め込み、建物全体を支え揚げる補強をする。

BEFORE
工事前の鉄骨の状態です。写真だけでは分かりづらいのですが、かなり錆び付いていて、接続部も外れている箇所が複数、見受けられました。
AFTER
鉄骨の本数が増え、既設に抱かせているのがお分かりになると思います。出来る限りの補強を、追加で行いました。

プロセス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA クレーンを使いながら、このようにH鋼を施工していきます。 P6160392 固い地盤に、鉄骨と一体化させた基礎を埋め込み、建物全体を支え揚げます。これはその基礎を作っている様子です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA H鋼と一体化した基礎で、建物全体を支え揚げます。これは以前に無かった補強です。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA このように、新設した二本のH鋼で支えるように補強しました。